2019年GWに行くディズニークルーズファンタジー号の西カリブ海とWDWの旅行記

スポンサーリンク
ディズニークルーズ
2019年のゴールデンウィークは10連休という超大型連休でした。前後1日づつ有給を取って、ハネムーンで行ってからずっと行きたかったディズニークルーズに行ってきました。フロリダのポートカナベラからディズニークルーズのファンタジー号の西カリブ海クルーズ7泊8日とWDWの2日間の合計12日の旅行記です。

伊丹からオーランドまで飛行機で移動

4月26日の朝5時半に家を出て、伊丹空港へ向かいます。8時発のJALのJL3004便で伊丹から成田へ出発です。今回の旅行は飛行機の乗り継ぎ時間が基本的に短いので、いつもハラハラしながら乗り継ぎました。
10時50分発のアメリカン航空とJALの共同運航便のJL7014便で成田からダラスへ向かいます。フライト時間は、11時間35分です。長いフライトで子供たちが騒ぐので大変でした笑 四歳の上の子は、機内のテレビでラプンチェルやディズニーのアニメがたくさんあったので、なんとかなりしたが、下の子はNetflixでワンワンとか見せてもやはり11時間以上のフライトは暇だったようであちこち歩き回っていました。隣の日本人に歩き回るなと怒られましたが、怒られた後一生懸命座席に座れせようとしたところ、その人の隣で寝転がって、ギャン泣きが続きました(笑)正直言って、ギャン泣きされると落ち着くまで何にもできないので、諦めました。
いままでJALでカナダ・大韓航空でハワイ・ユナイテッド航空でグアムに行きましたが、今回のアメリカン航空が一番子連れにはおすすめしない航空会社です。バジネット席リクエストしても、一度もリクエストは通りませんでした。キッズミールやおもちゃもありませんでした。子連れで行くなら、やはりJAL、ANA、大韓航空が一番ですね。欧米系は正直微妙。

8時25分にダラスに到着しました。乗り継ぎが2時間45分の最低乗り継ぎ時間だったのといつも妹が必ず引っ掛かるので心配でした。しかし、すいていたことと入国審査がスムーズになっているため、余裕で乗り継ぎできました。降りてキオスクにパスポートをスキャンします。すでにESTAを取得しているので、kioskという機械で簡単に質問に答えます。写真をとって、指紋を登録します。以前のように、税関申告の紙も必要ありませんでした。質問に答えると、レシートが出てくるので、それが○ならこっちのレーン、×ならあっちのレーンにいけと案内されます。
ブログを見ていると、初めてESTAでアメリカに入国する場合が×がつくと書いてあったので、下の子はだめかなと思っていましたが、一歳の下の子も○で、妹だけがいつも通り×だったので、別レーンです。入国審査では、どこ行くの?何しにきたの?など簡単な質問だけでした。sightseeingと答えて、食べ物のことなんかも何も聞かれませんでした。
レンタカー
その後、荷物を一度ピックアップします。荷物を待っている間に、妹が無事に出てきました。ハワイでは一時間くらいかかったのに今回は早かったです。荷物を受け取った後は、乗り継ぎtransferを目印に向かい、荷物を取って出たところですぐに、荷物を預け直すところがあります。荷物を預けたら、掲示板に何番ゲートか書いてあるので確認して、ゲート向かいます。今回はトラムに乗る必要がないゲートだったので、歩いてすぐに着きました。乗り継ぎ時間を心配していましたが、約45分くらいでゲートの前に着いたので、よかったです。
少し飛行機が遅れているようで30分遅れでAA1551便11時40分にオーランドへ出発しました。みんな、疲れているようで飛行機では爆睡できました。15時10分ごろにオーランドに無事に到着です。長時間フライトは疲れます。

オーランドへ到着後、ココアビーチへ

ついたらまず、荷物のピックアップと予約しているプライベートシャトルの運転手との合流です。前回は前泊に「ハイアットリージェンシーオーランドインターナショナルエアポート」を利用しましたが、少し高めなので今回はココアビーチでホテルを取りました。人数が多いのと子供がいるので、Uberよりもプライベートシャトルが便利で安かったので、ハッピーアワーシャトル(Happy Hour Shuttle)という会社に送迎を頼みました。7人で120ドルと20%のチップです。送迎会社はたくさんありますが、ハッピーアワーシャトルの良いところはプライベートシャトルなので好きな時間に迎えに来てくれること・バスと違って気を使わないで済むこと・人数が多いと安い・現金で支払えるので前もってクレジットカード情報を教えなくていいことです。車内はキレイではないですが、子供用のチャイルドシートも用意されています。オーランド空港の荷物をピックアップするところに降りるエスカレーターの前で名字のホワイトボードを持って待っていてくれました。荷物を持って、ハッピーアワーシャトルに乗ります。45分程でポートカナベラルを通りすぎ、すぐそばのココアビーチにとまります。

今回のホテルは「モーテル6ココアビーチ」です。トリバゴで検索して、エクスペディアで予約しました。一泊二部屋24,013円です。モーテル6ココアビーチは、ポートカナベラルまで車で10分ほどのところにあり、周りにスーパーマーケットやレストランがあって便利です。

けど、あんまり綺麗じゃなかったです。コスパ的にはありですが、子供が床を裸足で歩くとすぐに足が真っ黒になったし、シャワーやお風呂も微妙。シャンプーやドライヤーもないです。ペットもとまれるので余計に汚い。あと、エレベーターがないので二階の部屋にスーツケースをあげるのが大変でした。あと、治安面の心配もあります。なぜかこのホテルのドアのところに必ず夜はドアロックとドアのカギを両方閉めて、自分の安全を守ってくださいと貼ってありました。実際夜中に二部屋となりに警察や消防、救急車が来ていたので、あんまりおすすめしないホテルです。近くに綺麗なホテルがあったので、次泊まるならもう少し綺麗なホテルにしようと思います。

荷物をおいて、晩御飯を食べに、向いにあるイタリアンレストランにいきました。ピザが大きい!隣の席のピザをみて、ピザはやめて、パスタやポークチョップを頼みました。美味しかったです。

次はスーパーマーケットに向かいます。道を間違えて遠回りしましたが、無事に着けました。ホテルを出て、大きな道を渡って、右にいけばすぐにありました。ココアビーチ自体は昼間や夕方に出歩いても危ない感じはしなかったです。普通の町でした。三軒ほどスーパーマーケットらしきものがあります。今回は24時間営業の遠いスーパーマーケットにたどり着きました。バラマキ用のお土産を買います。イースターが終わったので、イースターのチョコレートが50%OFFでありました。友達から歯磨きを頼まれていたのでお土産にいくつか購入しました。お父さんと旦那はディズニークルーズに持ち込むようにビールを30本購入しました。ディズニークルーズでは、アルコールが大人一人につきビールであれば、6本持ち込めます。クルーズでビールを頼むと、8ドル以上するので持ち込むのがおすすめです。

次の日は、10時にハッピーシャトルに迎えに来てもらうようにお願いしていました。ひとり6ドルチップ込みです。その前に時間があったので、ココアビーチにいきました。サーフィンで有名なビーチです。この日は誰もサーフィンはしていませんでしたが、とっても砂浜が綺麗なビーチでした。でも、波が激しいので子供は泳ぐのが難しいかも。海外の方はランニングや朝寝をしていました。

ポートカナベラに到着

10時ちょっと過ぎてからハッピーシャトルのお迎えが来ました。ポートカナベラルに到着です。バス降り場で降りて、ディズニークルーズから送られてくるタグを着けておいた荷物をオレンジの服のスタッフに預けます。この時、チップがいるのか悩みましたが、みんな渡していなかったので不要かと思います。5年ぶりのディズニークルーズのファンタジー号とっても楽しみです。セキュリティーチェックを通ります。アルコールは必ず手荷物で持ち込みます。
まずは、チェックインです。あんまり混んでいなかったのと、キャスタウェイクラブのレーンの方が並んでいたので普通のレーンに並びました。オンラインチェックインを済ませていたので、パスポートを見せて、健康チェックの紙に全てNOとチェックし、写真を取って終わりです。ただ、旦那と上の子が入国のスタンプを押してもらえていなかったようで、ESTAか?と聞かれて、yesと答えると調べて紙みたいなのをもらいました。入国の時にスタンプを押してもらっておくとよりスムーズです。

キャスタウェイクラブのネックホルダーをもらいます。二回目なのでシルバーです。前回はほとんど日本人はいなかったのですが、10連休ということもあり、日本人がたくさん乗船していました。ゲストサービスでも、2人の日本人スタッフがいたので、今回のクルーズでは大活躍だったと思います。ピーターパンに船の上で会ったとき、日本人たくさん乗ってるねと言われるくらいに笑このカードは船内ではクレジットカードの役割を果たします。
[adchord]
また、写真を撮るときはこのカードを提示すると写真データが自分の部屋と紐づけられます。ローテンションダイニングのレストランの場所も書いてあります。(RAERAAE)Rがロイヤルコート、Aがアニメータズパレット、Eがエンチャットガーデンです。
この時に、「VOYAGENAVIGATOR」と「PERSONALNAVIGANATOR」がもらえます。「VOYAGENAVIGATOR」は、日本語版があり、「ディズニーファンタジー号へようこそ」と書かれたパンフレットがもらえました。このパンフレット中身が充実していたので、是非前もって読んでおいてください。

チェックインが終わって、渡された乗船ナンバーは5番です。乗船が始まるまで暇なので、ミッキーと写真を撮る列に並んだり、バルコニーに出て船と写真を撮ったりしていました。11時30分より乗船開始です。まず、○○familyと呼ばれて乗船していきました。その後はコンシェルジュの人が乗船して、1から順番に呼ばれて乗船します。すぐに5番も呼ばれたので進みます。

いよいよ乗船です。

呼ばれた後は、自分のカードを係員の端末にかざして、乗船です。廊下では写真を撮る人の列と撮らない人の列に別れていて、撮らない人は一番右を進んでいきました。私たちは写真をとったので少し並びました。いよいよ乗船するときには、入り口で名字を聞かれるので答えると、船員が○○familyといってくれます。

乗船した後はまず子供たちはカバナへランチに行きました。私は五階のポートアドベンチャーデスクにいって姉たちが取れなかったアナとエルサのグリーティングとキャラクターブレックファーストの時間変更にいきました。
その後は、ゲストサービスでベビーカーをレンタルします。無料でレンタルできますが、返さないと200ドルクレジットカードから引き落とされることを了承してサインします。ベビーカーでコスメルなどの寄港地に降りれるかと聞いたところ大丈夫です。実際に寄港地にベビーカーを持っていってもなにも言われませんでした。あと、紙のデイリースケジュールを毎日部屋に届けてほしいとリクエストしました。
次はパロのブランチの予約に行きます。12時30分から2階のエンチャットガーデンの前に列があります。スパの列とパロ・レミーの列とローテーションダイニングの変更の列があります。今回はレミーのブランチをパロのブランチに変更したいのとメンバーを変更したいので並びました。無事に変更できて、カバナスへ向かいます。

カバナスでランチを食べた後は部屋に入れる1時30分まで時間があったので、オセアニアクラブの登録に行きます。事前にオンラインでSecretpasswordを登録済みなので、ウェーブフォンに連絡いれるから必ず持っててねという確認をされました。実際は、ディズニークルーズラインアプリにメッセージが届きましたので、ウェーブフォンは持ち歩かなくていいかなと思います。その後は、オープンハウスの時間だったので、部屋を見学したり子供を遊ばせたりしました。このバンドはお土産にも持って帰れますが、12.95ドルします。下船前日までにオセアニアクラブ・オセアニアラボで返却すれば、費用はかかりません。

ヒーローのエリア アイアンマンのマスクや剣など飾ってありかっこよかったです。

トイストリーのエリアです。積み木やポテトヘッドのパズルなど置いてありました。

スターウォーズのエリアです。オープンハウスの時間は大人も操縦できます。オープンハウスは初日だけでなく、パーソナルナビゲーターで確認するとちょこちょこやっていました。

 

部屋の準備ができたので、部屋に入りました。今回はインサイドルームでトイレとお風呂が別でコネクティングルームを予約しました。コネクティングルームにしてよかったです。子供が昼寝しているときに姉たちに少し見ててもらったり、何かにつけて聞きに行くときも部屋の中で繋がってるので便利でした。

窓はバーチャルウィンドウになっていて、カールおじさんやティンカーベル、プーさんなどたくさんのキャラクターが遊びに来てくれます。子供たちはとっても喜んでいました。
[adchord]
室内ですが、ソファがベッドになり、さらにその上の天井からベッドが出てきます。

キャスタウェイクラブのバッグです。もっと可愛ければいいのにと正直思いました。

化粧台とテレビです。収納がたくさんあるので便利です。

お風呂場です。シャワーが可動式なので、便利でした。

シャンプーが前回の毎日置いてくれるパターンから大きなボトルに代わっていました。

お風呂とトイレを別のインサイドルームにしてよかったです。

この机の中にも服を収納できます。部屋で一休みして、15時半からの避難訓練に向かいます。必ず全員参加する必要があります。避難訓練の場所は、部屋のドアに記載があります。また、カードキーにもアルファベットの記載があるので、看板を見ながらそのアルファベットをたどると避難場所に着きます。着くと、ルームキーで出席が取られます。人数も数えられるので必ず出席するようにしましょう。ライフジャケットは着ていく必要はないです。避難訓練で大事なことは、避難のブザーが鳴ったら、まず部屋に戻って「ライフジャケット」「常備薬」「快適な服装・靴」で避難場所に行くことです。

[adchord]

次はデッキ11での「SailingAway」に参加します。デッキでミッキーたちが出てくる出航パーティーです。キャラクターグリーティングにも行きます。下の子はほぼ初めてのためミッキーやドナルドが怖いといって全然近寄りませんでした笑

なんだかんだうろちょろしてたら、晩御飯の時間です。ファーストシーティングのため、5時45分からスタートです。初日はロイヤルコートです。ローテーションダイニングのレストランは、カードに記載があります。RAEAAREです。Rがロイヤルコート、Aがアニメーターズパレット、Eがエンチャットガーデンです。ローテーションダイニングも予約の時に、ファーストやセコンド、アニメーターズパレットを三回などリクエストできます。リクエストしたのは、ファーストシーティングと日本語のテーブルメイトとできればプライベートテーブルをお願いしました。
全員で7人だったので、プライベートテーブルでした。二人か三人だと、相席になっているようでした。相席が苦手な方はプライベートテーブルをリクエストすると良いですよ。
いまは日本語のメニューが別であるわけではなく、英語のメニューを裏返すとインターナショナルメニューで日本語やフランス語などの多言語がのっています。子供のメニューは塗り絵ができる可愛いメニューです。
まず飲み物を聞いてくれます。飲み物のメニューはないので、ビールならビールといってバドライトなどたくさんの種類のなかから選びます。そして、一杯8ドルくらいします。高い。。。
初日にはワインパッケージもあります。ローテーションダイニングで、一週間で何本と先にかって、それを一週間で楽しむプランです。人数が多いと割安ですね。でも、我が家は父と旦那しか飲まないし、ビール派なのでやめときました。
子供たちのためにオレンジジュースやアップルジュース、ミルクなども注文しました。こちらは無料で大人でも子供でも注文できます。前菜とスープかサラダ、メインから一品づつ選びます。別にメインだけでもいいし、前菜だけでもいいです。ライトミールと記載があるのは、軽めの晩御飯ですが、日本人からすると全く軽めではないです笑アメリカに来たからにはやはりお肉!と思ってステーキを注文しました。お腹一杯です。

[adchord]

メインを食べ終わった頃に、デザートのメニューが出てきます。スペシャルドリンクも一緒にのっていますが、こちらは有料です。

さぁ、疲れたので部屋に戻って就寝です。いつものタオルアートと人数分のチョコレートがありました。このチョコレートお土産に最適なので食べずに集めて持って帰ってお土産にしました。
タイトルとURLをコピーしました