アフターコロナでも白浜のアドベンチャーワールドを満喫する攻略方法【2020年7月】

スポンサーリンク
子供と遊ぶスポット

白浜の観光地と言えば、白良浜に三段壁、円月島……そしてアドベンチャーワールドのパンダです。
日本で最も多くのパンダの飼育がされているのがアドベンチャーワールドです。でも、コロナウイルスが心配…アドベンチャーワールドではどんな対策をしてるのかを含め、アドベンチャーワールドを満喫するための方法を紹介します。

スポンサーリンク

チケットを割引料金でお得に手にいれる

入園券(1DAY)

個人
大人(18歳以上)4,800円
セニア(65歳以上)4,300円
中人(中学生・高校生)〈12歳~17歳〉3,800円
小人(幼児・小学生)〈4歳~11歳〉2,800円

アドベンチャーワールドのチケットって意外と高いです。パンダが見れるので仕方ない……と買う前にお得に購入できる方法を探したのですが、……2020年7月最もお得なのは公式サイトのキャンペーンのみでした。7月21日までは入園料半額キャンペーンがしていました。

意外とアドベンチャーワールドは割引が少なく、JAFやコンビニを検索してみても出てきませんでした。以前は白浜の宿泊ホテルで割引価格で買えましたが、今回は見当たりませんでした。

特にいまはコロナウイルスの影響で人数制限を実施しているため公式サイトのみの購入になっています。当日チケットを購入できますが、もしかすると入場制限で入れない!?なんてことになる前にインターネットで事前購入しておきましょう。

アドベンチャーワールドの駐車場料金

駐車場料金 / 1日
普通車1,200円
大型車2,000円
2輪車500円

アドベンチャーワールドの近く駐車場はあまりありません。また、駐車料金もそこまで高くないのでアドベンチャーワールドの駐車場に停めるのがおすすめです。現金払いのため現金用意しておきましょう。また、一度ホテルに戻りたいってことがあっても、一度料金を支払えばレシートを見せれば再入場可能です。

午前7時ごろから駐車場は開いています。開園は10時ですが、ツアーアトラクションが開催されていた時は朝早くに行かないとツアーの予約ができませんでしたが、今はコロナで中止になっているため、あまり早く行く必要はないかもしれません。土日に行って、開園少し前で駐車場の前で少し渋滞していました。お盆とかは大混雑なのかもしれませんが、普段の土日であればチケットでの入場制限もありますから、大混雑するということはなさそうですね。

また、意外と奥の方が入口に近く、空いていることがあります。

コロナウイルスへの対策

入場者数の制限

公式サイトのみでのチケットを事前購入になっているため、一定の人数のみ入場させています。

入場者のマスク着用

入場者は必ずマスクの着用が必要です。公式サイトによれば、4歳以上はマスク必須です。忘れた方は、入場の時に購入しましょう。

入場口での体温測定

37.5度以上ある方の入場はできないようです。入り口のサーマルカメラによる体温が測定されます。

ショーのソーシャルディスタンスの確保

イルカショーやアニマルショーではソーシャルディスタンスのため、座席が1列づつ閉鎖されています。そのため、すぐに席が埋まるので、早めに席を確保するのがおすすめです。
また以前のようにお客さんの中から選んでイルカショーに参加するイベントはなくなっていました。

一部のツアー・アトラクションの中止

イルカとの触れあいやキリンに餌をあげたり、ライオンなどの肉食動物をジープにのって間近で見たりできるツアーは全て中止になっています。

ブリーディングセンターの入場制限

パンダを間近で見れる施設であるブリーディングセンターが入場制限がかかっており、外で並んで待って、順番に入っていきます。

遊園地の乗り物のアルコール消毒

遊園地の乗り物をスタッフが毎回アルコール消毒を実施していました。

パンダラブの屋内施設の閉館

室内のパンダラブはコロナウイルス対策のため閉館していましたが、ブリーディングセンターではパンダが見れます。

遊園地の乗り物フリーパス

乗り物のチケットは券売機で購入できます。券売機は、フライングスインガー・メリーゴーランド・アニマルフライトの側にあります。

フリーパスはプレイゾーンの真ん中あたり「森のなかよしハイキング」のそばで販売しています。

一枚2000円です。3歳以上で身長90センチ以上で乗り物に4回くらい乗るなら購入するのがおすすめです。高い乗り物のジェットコースターやハイウェイカート、観覧車は700円で、他の乗り物は400円が多いです。

3歳以下で身長90センチなければ、チケット一枚で親同伴で乗り物に乗れます。

おすすめのアトラクション

ハイウェイカート

圧倒的人気を誇るのがハイウェイカートです。1キロのコースを自分で運転できます。いつも並んでいる人が多い乗り物です。朝早めに乗れば比較的空いています。

わくわくキッズジャングル

フリーパスでも別料金がかかりますが、大きな遊具で40分間遊べます。3歳までは親の付き添いが必要です。

まとめ

コロナウイルスで遊びに行くのも不安になりますよね。アドベンチャーワールドは屋外ということもあり、比較的行きやすい候補の一つかと思います。コロナ対策もしっかりされています。

それでも、普段通りに楽しむとはいかないので、早くコロナウイルス終わってほしいです。また、2020年7月の状況ですので、状況は随時変わります。最新情報は公式サイトを確認してください。

タイトルとURLをコピーしました