なかなか審査に通らなかった筆者がグーグルアドセンスの審査に合格した方法

スポンサーリンク
節約

グーグルアドセンスの審査に登録し、毎日頑張って記事を更新していましたがなかなか審査にとおりません。そこで、なぜ通らないのか、なにがダメなのかを考え、審査に通るために改善したことを紹介します。

「アカウントの有効化」(審査)になかなか通らない状況

2018年1月に「シーサーブログ」でアドセンスの審査用のブログを作成しました。1月から3月まで少しづつ書き続け、記事数が30記事になった時にグーグルアドセンスの申請を行いました。

しかし、2週間たっても「アカウントの有効化を処理しています。」の表示のままです。もちろん、その間2~3日毎に更新をしていました。

審査に通らない原因

審査に通らないのには理由があるのではないかと考え、ブログの内容を見直すことにしました。

通らない原因はブログの記事の内容が「日記」ばかりだったことです。通らないときに書いていた記事は「日記系」がメインでした。子供を連れて、「名古屋で結婚式に参列 一日目」や「名古屋旅行3日目名古屋港水族館」などです。参考にしていたサイトで日記系のブログが無難で通りやすいというアドバイスに基づき書いていました。

しかし、「日記」の内容では他者の役に立つ内容ではないといことから、審査に通らないのではないかと考えました。グーグルアドンセンスの審査が厳しくなったため、審査に通るためには質の高い記事を提供する必要があります。

審査に通過のために記事内容を改善する

「日記」系の記事では通らないことから、記事の内容を改善することにしました。他の人にとって必要な情報をわかりやすく書くことを意識して、記事を書きました。子供と一緒に遊びにいった場所を日記形式で「名古屋で結婚式に参列 一日目」と書くのではなく、「子連れおすすめスポット ハーベストの丘」といったその場所の料金や割引の方法、駐車場やどの時間帯がいいか、どんな遊びができるか、何歳くらいから楽しめるかなど、自分自身が子供と遊びに行く際に調べる情報を書きました。

次に、写真もたくさん載せて、わかりやすく読みやすくしました。写真はグーグルアドセンスの審査であまり載せないほうがいいと書いてあるサイトが多かったので、のせていませんでした。しかし、写真がある方がイメージも湧きやすく、説明もしやすいため、写真を載せることにしました。

無事、審査に通過できました!

記事の内容を改善した後、1週間程で「アカウントが有効になりました」という通知が届きました。無事にグーグルアドセンスの審査に合格しました。改善をはじめて、投稿した記事数は3記事程ですし、アクセス数(PV)も一日10もなかったですが、合格することができました。

まとめ

・「日記」系の記事などあまり他人の役に立たない記事ではだめ。

・写真を使わないほうがいいというのは間違い。

・更新頻度や記事の量よりも質の高い記事を書くことが大事。

はじめてのアドセンス合格への挑戦でしたが、審査になかなか通ることができず、毎日ドキドキしていました。少しでも今回の記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。まだまだアドセンス初心者ですが、自分の興味のあることをたくさん記事にしていきます。

 

タイトルとURLをコピーしました