オーストラリア旅行で観光ビザの申請は不要!代わりに ETAの申請をしよう。

スポンサーリンク
海外旅行

オーストラリアに旅行に行く際には忘れてはいけない申請があります。それが ETA(Electronic Travel Authority(電子渡航許可=ETA) )です。 
オーストラリアでは、すべての外国人の旅行者はビザを持って入国する必要があります。3カ月までの短期観光や、ビジネスを目的とした短期滞在の方は、ETAを必ず取得しましょう。
今回は、自分で申請する方法や代行会社で申請する方法、最も安く申請する方法を調べました。

スポンサーリンク

申請方法は?

日本人は ETAをオンラインで利用できます。

申請料金

ETASの申請料金は無料です。
ただし、オーストラリア政府移民局のページから申請する際に、システム利用料として1回の申請につき20オーストラリアドルかかります。
万が一誤った情報でETAを取得してしまうと正しい内容で再度ETASを取得する必要があります。その場合は再度システム利用料がかかるので注意してください。

パスポート

基本的にオーストラリア旅行から帰国するまで有効なパスポートがあればETASの申請ができます。申請から1年間有効です。
ただし、ETAはパスポートとリンクしているので、パスポートの有効期限が短い場合は、パスポートの有効満了日までしか取れません。

申請方法は2つ

  • 自分でオーストラリア政府移民局から申請する
  • 代行申請を依頼する

自分でETAの申請を行う場合の方法

1 オーストラリア政府移民局のホームページへアクセス

まずはオーストラリア政府移民局のHPへアクセスしましょう。

最初に画面右上の言語選択ボタンから日本語を選びましょう。(画像右上の①)
画像の右下②、「ETAを申請する」をクリックします。

2 ETAの種類及び現在の所在地の入力

① ETAの種類を選びます。観光・親族訪問を選択します
② 申請者が今どこの国に住んでいるかを選びます。日本を選択。
③ 左にある利用規約を確認後、チェックボックスをクリックします。
④ 次へをクリックします。

3 ETAを申請する

以下の情報入力します。
姓 苗字・パスポートの通りに英語で入力します。(例:OU)
名 名前・パスポートの通りに英語で入力します。(例:NATSU)
性別 性別を選択します。
生年月日 カレンダーのボタンから生年月日を選択します。
出生国 日本を選択します。
別名 別名がなければ、いいえを選択します。
犯罪歴 犯罪歴が当てはまらなければ、いいえを選択します。
パスポート情報 パスポートの通りに入力します。
※ 必ずパスポート通りに入力しましょう。

4 住所及び連絡先

以下の情報入力します。
現住所 現在の住所を入力します。
電話 自宅か職場か携帯のどれかを入力します。
電子メール メールアドレスを登録します。
メールで申請の完了通知など届きますので、間違えないようにしましょう。
連絡方法 Email及びSMA かEmailのみかを選択します。
他の国のパスポートを持っているか 持っていなければ、いいえを選択。

5 入力情報の確認

入力内容を確認します。
ETAが発給された後は、ETA申請の内容を訂正・変更することが出来ません。
正しい情報で新たにETAを取得し直さなければなりません。
そのため、この画面で必ず間違えがないか確認してください。

6 支払い

クレジットカード情報を入力します。
支払方法はカードのみ、VISA、MasterCard、AmericanExpress、DinersClub、JCBが利用可能です。

7 ETAの発給通知

ETAの結果は12時間以内に発給されます。
12時間後にETAが発給されたか、公式サイトで確認しましょう。
もし12時間後、ETAがまだ承認されておらず「オーストラリア大使館にお問い合わせ下さい」という表示が出た場合は、パスポートのコピーと ETA additional information formをeメールでimmigration.tokyo@dfat.gov.au宛に送る必要があるようです。(公式HP引用)

オーストラリア政府移民局によると、空港でのチェックイン及びオーストラリア到着時にこの発給通知を提示する必要はありませんが、念のため印刷しておくのも良いでしょう。

※ETAの詳細ルールについては必ずオーストラリア政府移民局ホームページをご確認ください。

代行申請を依頼する

Googleで「ETA 代行」で検索すると、たくさんサイトが出てきますが、どのサイトも代行料金が高いです。20豪ドル以上する場合は、公式から自分でする方が簡単で安く済みます。
Googleの広告で出てくるサイトには、特に注意しましょう。
公式サイトのように見せかけて、実は代行申請で高いということがあります。

ただし、公式サイト(公式サイトといっても申請料自体は無料で、システム料だけがかかるため)よりも安いサイトも多いです。以下、おすすめのサイトです。

おすすめETA代行会社

JALABC

安心のJAL系列の会社です。JALエービーシーオーストラリアETASセンターは、オーストラリア大使館の許可を得ていることも安心の一つ。
また、出発4日前までであれば、一人990円で申請可能なので、自分で申請するよりお得に申請できます。
郵送での申し込みも可能なので、インターネットはちょっとという方にもおすすめです。※ 郵送受取の場合、別途郵送料550円/件(税込)がかかります。

ビューグラント

インターネットで調べた中では圧倒的安さを誇ります。
レビューや申請件数も多く、比較的安全そうなサイトです。
オーストラリアETAS公式サイトでは20ドルかかるところ、こちらは1名500円のみ で申請できます。

まとめ

いかがでしたか。
ETAの申請は自分でするよりも代行申請会社に頼むほうが安い場合があります。
ただし、パスポートは重要な個人情報のためきちんとした会社かどうか確認して、申請書しましょう。

タイトルとURLをコピーしました