ジェットスターの最低価格保証で10%割引で航空券をお得に購入する方法

スポンサーリンク
節約

ジェットスターでは、最低価格保証というシステムがあります。最低価格保証ですが、少しでも安く航空券を取りたい人にはぜひ利用すべきシステムです。今回は、最低価格保証とはなにか、利用方法、利用するメリット、デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

ジェットスターの最低価格保証

ジェットスターの最低価格保証とは

ジェットスターの公式HPによると、他航空会社・旅行会社のWeb価格より高ければ、チャットでご連絡ください。その価格より10%引きしてくれるシステムです。

ジェットスターの最低価格保証は、競合他社よりおトクな価格で快適な空の旅を提供するサービスです。他航空会社・旅行会社のウェブサイトに、ジェットスターよりおトクな価格のフライトがある場合は、ご連絡ください。最低価格保証の対象となる他社の価格から10%引きの価格でフライトを提供してくれます。

トラベルコやスカイスキャナーで航空券を検索すると、同じジェットスターの便のはずが公式サイトよりも金額が安い場合ピーチやバニラエアなどの格安航空の方が安いチケットがあった場合、最低価格保証が適用されます。

[adchord]

利用方法

1 最低価格保証を利用する場合は、専用チャットサービスからチャットを開始します。年中9時~21時の間いつでもご利用いただけます。実際20時に問い合わせたところ、9時から17時までに連絡をくださいと言われました。

2 チャットを開始するボタンを押すと、出発日や出発時間、乗船者の情報、他社のサイトを入力します。

3 しばらくすると、担当者からチャットが開始します。他社価格がジェットスター価格より安いことが確認できるウェブサイトのアドレスを、担当者にお伝えください。

4 担当者が最低価格保証の対象であるかどうか確認してくれます。ただし、最低価格保証を利用して予約するには長時間かかります。

5 対象価格であると判断された場合は、その価格から10%割引してくれます。ただし、購入する必要があります。

6 日本国内線および日本発着の国際線の場合は、ジェットスターの価格と10%引きした他社価格との差額に相当するバウチャーが発行されます。

7 バウチャーは、現在のご予約にも後日のご予約にもご利用いただけます。連絡してから72時間以内に、旅程表が送られてきます。

利用条件

他社フライトが最低価格保証の対象となるための条件

  • ピーチやバニラエアなどのジェットスター以外の航空会社のフライトであること。
  • ジェットスターのフライトと同一のフライトの運賃が、ジェットスターのウェブサイトで購入可能な最低価格を下回っていること。
  • 出発地および目的地も必ず同一であること。
  • 直行便の片道運賃であること。
  • 比較対象価格が、会員限定の運賃やカンタスポイントの運賃でないこと。また無償運賃でないこと。
  • 一般向けに販売されており、チャットいただいた時点で、他社フライトが同一通貨にてオンライン上で購入可能な状態にあること。
  • 日本語*のウェブサイトで購入可能であること。*ジェットスター航空(JQ)に関しては英語、ジェットスター・パシフィック航空(BL)においては英語またはベトナム語、ジェットスター・アジア航空(3K)については英語または中国語のウェブサイトも対象。必要な追加料金、燃油特別付加運賃、諸税を含めた合計が、ジェットスターの価格よりも低い価格であること(支払手数料等は除く)。
  • チャットにてご連絡いただいた時点から、該当するフライトの出発時刻まで7日以上あること

ジェットスターの公式サイトによると、ピーチやバニラエアなどの他社の航空券のほうが安い場合は、上記の条件があります。簡単にまとめると、日本語のサイトで片道の直行便で出発地と目的地が同じで会員限定の割引などではなく、インターネット上でだれでも買うことができる運賃・状態であることが必要です。

比較対象となるジェットスターのフライトの条件

  • エコノミークラス「Starter」運賃であること。
  • ジェットスター・ジャパン(GK)、ジェットスター航空(JQ)、ジェットスター・アジア航空(3K)、ジェットスター・パシフィック航空(BL)のフライトより低い価格のフライトであること。
    ※カンタス航空(QF)のコードシェア便は対象外。ジェットスターグループの運航会社のフライト同士も比較対象外。
  • ジェットスターおよび他社のフライトの出発予定時刻が下記の条件に一致すること。
    国内線やトランス・タスマン線の場合は、ジェットスターと他社のフライトの出発予定時刻の差が1時間以内であること。
  • アジア各国間のフライトの場合は、フライトの出発予定時刻の差が1時間以内であること。
  • 上記以外の国際線の場合は、真夜中を起点とした同一日中のフライトであること。

まとめると、ジェットスターの一番下の価格の料金で、国内線とアジア線では出発予定時刻の差が1時間以内またはそれ以外の国際線では同じ日のフライトである必要があります。

旅行会社のウェブサイトで提供されるジェットスターのフライトが最低価格保証の対象となるための条件

  • 一般向けに販売されており、オンライン上で購入可能な状態にあること。
  • jetstar.comと旅行会社サイトに掲載のフライトが完全に同一であり、必要な追加料金、燃油特別付加運賃、諸税を含めた価格であること(支払手数料等は除く)。
  • 大人、子供それぞれの搭乗者数が同一であること。
  • 同一日時のフライトであること。
  • 便名が同一であること。
  • エコノミークラス「Starter」運賃であること。
  • 直行便の片道運賃であること。
  • 比較対象価格が、会員限定の運賃やカンタスポイントの運賃でないこと。また無償運賃でないこと。
  • 日本語*のウェブサイトで購入可能であること。
    *ジェットスター航空(JQ)に関しては英語、ジェットスター・パシフィック航空(BL)においては英語またはベトナム語、ジェットスター・アジア航空(3K)については英語または中国語のウェブサイトも対象。
    チャットにてご連絡いただいた時点から、該当するフライトの出発時刻まで7日以上あること。
  • 比較対象の他社ウェブサイトから直接購入が可能であること(さらに外部サイトへ転送される場合は対象外)。

スカイスキャナーやトラベルコで検索したときなどに、そのサイトまで行って購入できる状態であれば適用されます。簡単にまとめると、日本語のサイトで片道の直行便で出発地と目的地が同じで会員限定の割引などではなく、インターネット上でだれでも買うことができる運賃・状態であることが必要です

最低価格保証の対象とならない場合

  • ウェブサイトに掲載された価格が、オンラインでの予約・購入の対象でない場合。
  • 一般向けに販売されていない場合。
  • 他社ウェブサイトの不具合により、価格が下回っていた場合。
  • 最低価格保証の諸条件を満たしていることを、ジェットスターが確認できない場合。
  • 必要な追加料金、燃油特別付加運賃、諸税を含まない価格であった場合。
  • 最低価格保証が適用されるのは、ご予約人数が最大で10名様までの場合です。
  • 商業利用で、割引を還元することなく旅客へ再販する行為
  • 最低価格保証で二重予約を作成する行為
  • 不公正であると判断した場合は、今後の利用も含め最低価格保証の利用が制限されます。

オンラインで購入できない場合、10名以上の予約や不正な行為を行った場合、他社のウェブサイトが間違っていた場合などは対象外です。
レンタカー

最低価格保証のメリット

航空券を安く購入できることです。

例えば、トラベルコやスカイスキャナーやスカイチケットで公式サイトより安く買えるサイトがあったとします。でも、edreamsなど安く買えるサイトはあるのですが、評判が良くなかったり、ダブルブッキングされたりするなど少し心配なサイトも多く存在します。しかし、ジェットスターの最低価格保証を利用すれば、その価格よりもさらに10%安く購入できるうえに、ジェットスターでの航空券の購入になるので、ダブルブッキングなどの心配がありません。

最低価格保証のデメリット

予約に時間がかかる・マイルが付与されない・キャンセルできない・すぐに購入する必要がある

デメリットは予約までに時間がかかります。チャットで申し込みを行い、担当者が確認をするので、大体15分くらい、その後詳細の確認をした後に、購入する必要があります。スムーズにいって、合計で1時間くらいは購入までにかかります。私の場合は、質問もたくさんしたのと支払いでエラーがおきたりして、4時間かかりました。

マイルが付与されません。JALのマイルをためているのですが、一番下のグレードのチケットのため、マイルの付与はできませんでした。

1人キャンセルになるかもしれないので、払い戻しはできるか尋ねたところできないそうです。ただし、その時のネットの価格との差額と手数料を支払えば、名義人の変更は可能です。

その場で即決する必要があります。クレジットカードまたはjetstarのバウチャーで支払えます。

[adchord]

例えばこんなときは最低価格保証の対象になります

2020年の1月1日の関空発→ケアンズの航空券を予約しようと思い、トラベルコやスカイスキャナーで検索します。検索したところ、一人で42,719円というジェットスターの便でeDreamsというサイトが出てきました。

eDreamsのサイトで購入できることを確認します。

ジェットスターでは、47,140円であることを確認します。eDreamsのサイトのほうが安いですね。

このサイトのアドレスをコピーして、ジェットスターの最低価格保証のサイトに移動します。

今すぐ開始ボタンをクリックします。
[adchord]

必要事項を入力して、担当者とチャットを開始します。担当者が対象かどうか確認してくれるので、確認ができたら、38,447円で購入できる手続きをしてくれます。

まとめ

どうでしたか。手間はかかりますが、少し評判の悪いサイトで予約するよりもジェットスターの最低価格保証を利用することで安く購入できる方法を紹介しました。ぜひ、活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました